売土地(仲介)西目町海士剝字海士剝下52-33☆400万円

次回更新予定日:最終更新日より14日以内

概要

由利本荘市西目町海士剝字海士剝下の宅地です。
まだ建物が残っていますが、春に向けて解体していく予定です。
(売り出し価格は解体更地渡しの価格です。)

海士剝町内の公民館まで50m (コミュニティバスのバス停があります) 、マックスバリュー西目まで700mと、移動や買い物がしやすい立地です。

物件外観・公図

(解体工事終了後に写真を更新する予定です。2020/01/20)

物件詳細情報

基本情報

所在地 由利本荘市西目町海士剝字海士剝下52-33
物件種目 売土地
地目 宅地(現況:宅地)
態様 仲介
土地権利 所有権
交通 【電車】JR羽越本線 西目駅より 徒歩36分(2880m)
【バス】由利本荘市コミュニティバス西目線 海士剥公民館前バス停より50m(徒歩1分)
物件管理番号 T36-amahagi52-33

価格

価格(㎡あたり) 400万円(8,998円/㎡)
坪単価 坪29,746円
その他
仲介手数料 売買価格の3%+6万円に消費税を足した額(法定)

土地面積と接道

土地面積 444.56㎡
坪数 134.47坪
最適用途 住宅用地
私道負担面積
接道状況 角地 西 公道(市道 海士剝20号線)4.5m
南 公道(市道 海士剥3号線)4.75m
間口(接面) 西 19.6m
南 17.5m
地勢 平坦(一部ひな壇)

各種法令

都市計画 区域外
用途地域 無指定
建ぺい率 無指定(70%)
容積率 無指定(200%)
国土法届け出
セットバック
その他建築規制等 建築基準法22条(軒天耐火材)

設備・学区

上水道  地内引き込み
下水道  地内引き込み
 その他設備
 学区:小学校  西目小学校:徒歩38分(3.05km)
 学区:中学校  西目中学校:徒歩41分(3.35km)

その他

現況  古家有(解体予定)
引渡し条件  更地渡し
引渡し  相談
備考
 ※掲載内容と現況に相違がある場合は現況を優先と致します。

周辺地図(海士剝)

地図

周辺施設

交通

【電車】JR羽越本線 西目駅より 徒歩36分(2880m)
【バス】由利本荘市コミュニティバス西目線 海士剥公民館前バス停より50m(徒歩1分)

学校

西目こども園まで徒歩43分(3.45km)※車で5分
西目小学校まで徒歩38分(3.05km)※車で4分
西目中学校まで徒歩41分(3.35km)※車で5分
秋田県立西目高校まで徒歩25分(2.1km)※車で3分

買い物

セブンイレブン 西目店まで徒歩28分(2.26m)※車で3分
ローソン西目店まで徒歩33分(2.7km)※車で4分
薬王堂 西目店まで徒歩30分(2.47km)※車で3分
コメリ西目店まで徒歩29分(2.4km)※車で4分
マックスバリュ 西目店まで徒歩8分(720m)※車で2分

その他

きくち医院まで徒歩37分(2.99km)※車で5分
西目郵便局まで徒歩32分(2.63km)※車で4分
羽後信用金庫 西目支店まで徒歩29分(2.39km)※車で3分
由利本荘市西目総合支所まで徒歩32分(2.84km)※車で5分

※GOOGLE MAP ルート検索より

どんな物件?

由利本荘市西目町海士剝字海士剝下、海士剝町内の土地です。
海士剝町内の公民館まで50m (コミュニティバスのバス停があります) 、マックスバリュー西目まで700mと、移動や買い物がしやすい立地です。

西と南の2方向に面した角地です。
間口もたっぷりあるので、車の出し入れは容易に行えるはずです。

現在は、古い家屋があり、また、土地の周りをブロック塀で囲っているのですが、これは取り壊し予定です。
西側(海側)の塀に関しては、すべて壊してしまうと中から土があふれてしまいそうなので、下から3段くらいのブロックを残して、上の方を撤去していただくことになっています。
また、西側の樹木は風防のために植えているので、撤去せずに残しておく予定だとのことです。
※現状の予定です。

土地の北東側の一角は一段低くなっています。
売主さんによると、ここに畑を作っていたこともあるそうです。
そのため、ここにも水道が引いてあります。

上下水道は地内引き込み済みですが、古い家屋のためにひいたもので、引き込みから年数が経過しています。
使用の際はによく調査し、必要があれば交換することをお勧めいたします。

分筆できる?

分筆は不可能ではありませんが、お勧めしません

公図を見ていただくと該当地に隣接した土地に、「現実には存在しない道路が地図(公図)上に記載されている状態」になっています。
記載されている「道」は古くからの里道やあぜ道などで、昔は人の通行があったものの、新しくちゃんとした通路を引くにあたって使用されなくなった道路が「あることになって」います。
こういうものを「赤道」といいます。

赤道が隣接している場合でも、色々と手続きを踏めば分筆することは可能なのですが、もともとの土地の値段があまり高くなく、分筆にはお金も時間(市や国への申請の許可が下りるまで)もかかるため、
「分筆して面積が半分になっても、分筆前とほとんど価格の差がない」状態になってしまうと思います。

そのため、基本的にはこのまま手をかけずにご購入いただいた方が良いと考えております。
「どうしても」という方はご相談ください。

なお、西側の道路は公道「市道 海士剝20号線」、南側の道路も公道で「市道 海士剝3号線」です。
海士剝は古い町内のため、道路の幅員が狭めですが、それでも4.5mの幅があるので通行が特に難しい道路ではないと思います。

まとめ

土地の広さが134坪と広めです。
管理の手間をかけられる方や、スペースを有効活用できる方にお勧めしています。

・海士剝町内は西目小中学校から遠めの位置にあります。
ただ、旧本荘市への移動は容易なので、中学生くらいになると自転車で遊びに行くにはちょうどいい位置だと思います。

・現在記載している金額は、解体費込みの価格のため、取り壊し前に(買主様側で解体していただくことを前提に)値下げ交渉をしていただくことも歓迎です。

まだ解体前なので新しい住宅が建っていることを想像するのはちょっと難しいかもしれません。
ですが、公民館近くで立地もよいため、海士剝に土地を探している方にはお勧めの物件です。

印刷用PDF

おすすめの記事